事業内容

事業内容

給排水管更新工事

劣化した給水管、排水管を丸ごと取り替える工事です。主に更生工事を行えないほど劣化した給排水管に対して実施する工事で、建物自体のリフォーム・リニューアル時にも有効な手段です。管更生工事に比べて費用は高くなりますが、管を丸ごと新しい素材に取り替えるため、水の安全性と管の耐久性が飛躍的に向上します。また、共用部・専有部など、工事範囲に応じてベストな素材と工法を提案いたします。

給水管更新工事

給水管は20年も経過すると錆が付着し正常に機能しなくなるといわれています。錆が付着し劣化が進んだ給水管は赤水や漏水の原因になります。工事を行えば、飲料水・生活用水として水道水を安心して使うことができます。

排水管更新工事

キッチンや洗面浴室から油や髪の毛などが流れ込む排水管は、給水管より劣化しやすくなります。新しい排水管を設置することで、排水能力と耐久性を高めます。

工事全体の流れ

▼ヒアリング ビルやマンションの給排水に関する問題点やご予算・ご希望を伺います。同時に工事についての説明をさせていただきます。
▼事前調査 建物の設備や環境を専門スタッフが調査します。超音波残存肉厚測定器や、ファイバースコープを用いて配管の劣化診断を行い、分析した情報をもとに最適な工事プランを作成いたします。
▼お見積り・工事プラン提出 調査の結果から作成した工事プランとお見積りを提出いたします。工事の内容を提示し、不明点には親切にご説明いたします。
▼ご契約 工事内容に納得していただけたら、ご契約です。
▼工事の告知 マンションの場合、住民の方に工事内容やスケジュールの告知をいたします。
▼施工 万全の安全対策のもと、工事を実施していきます。
室内工事完了時にお客様に工事箇所の確認をしていただきます。
▼検査 工事が完了したら、完了検査を実施します。
▼完了・お引越し 完了検査をパスしたら、調査報告書をお渡しし、お引渡しとなります。

管更新工事のメリット

  • 安全な水
  • 高耐久
  • 漏水トラブル防止
  • 防錆
  • ベストな素材の選択
  • 資産価値の維持