事業内容

事業内容

調査・診断・工事プラン作成

工事を行う前段階として、現場の調査を実施します。水道管はもちろん、タンク、ポンプ等の設備機器も含めた劣化診断を行い、最適な工事プランを作成いたします。

なぜメンテナンスが必要か。

給水管や排水管の内部は、経年劣化が進行します。20年以上も使用すると、錆の厚さは管内部の60%に及ぶとも言われています。サビが付着すると、赤水の原因になったり、知らず知らずのうちに管の老朽化を早め、漏水事故を引き起こすこともあります。
そこで、管内部のクリーニングと補強工事を行い、管の延命を行うのが「管更生工事」です。管更生工事が行えないほど劣化が進んでいる場合などには、管を丸ごと改修する「管更新工事」を行います。
設備の状態と環境を専門スタッフが正確に調査・診断したのち、最適な工事プランを作成し、ご提案いたします。

調査内容

給水管調査 管調査・配管サンプル採取・図面調査・ファイバースコープ調査・水質調査
排水管調査 抜管調査・配管サンプル採取後、残存肉厚測定・ファイバースコープ調査・目視調査